借地権の売買の注意

借地権の売買をする際には実績のある不動産屋に依頼をするのが良い方法になります。実際に、借地権の売買の件数がそれほど多くないので、実績のある不動産屋さんに業務をいたするのがお勧めになります。また、不動産屋さんへの依頼をするまえに不動産の値段の鑑定を行う際には信頼のおける鑑定士に依頼をするのが良いといえます。鑑定士からの情報をもとに、不動産屋と交渉を行えば、不動産屋さんのビジネスが良心的かどうかを知ることが可能になります。

頼りになりそうな不動産屋さんが見つかったら、今度は借地権を売る相手を探していきます。一般的には双方の利益につながりますので、地主に売るのが良いやり方です。しかしながら、地主と直接取引してしまうと、うまく行けばいいのですが、トラブルが起きてしまう可能性も0ではないので、不動産屋さんに仲介をしてもらうことがお勧めです。また、地主以外の方に借地権を売るような場合であっても、地主の方の承諾が必要になってきます。地主の承諾なしに手続きをしてしまうことは違法行為になります。

更には、地主さんに承諾をしてもらうために、承諾料を払うことも必要になります。更には、借地権の移管に関しても地主さんに手数料を払うことが必要になります。また、借地権を手放すことなくその土地に当たらにアパートなどを建築するような場合も地主さんにそれ相応の手数料を払わなくてはなりません。