借地権の相続

借地権を親から相続するという場合があります。このような場合にはどのように借地権を処理するのがいいのでしょうか?一般的には5つの方法が用いられます。借地権の継続(引き続き住居として住む)、底地の買い取りをするという方法があります。借地権を地主に売却する、借地権の買い取り業者に売却する、といった方法もあります。また、借地権のある場所にアパートなどを作り賃貸経営を行う、という方法もあります。

実際にどの方法をとるのが自分にとって一番メリットがあるのか素人ではなかなか難しいものです。特に借地権についての権限が複数の人にまたがっているような場合には、トラブルに巻き込まれないようにすることも賢い対処方法になってきます。借地権のことで人間同士がいがみ合うのは決していいことではありません。

素人判断で借地権の処理を行ってしまうと、大きな損失を招いてしまうことも多くなります。絶対素人判断をせずに、借地権の専門家である不動産屋さんや行政書士などにその対応を相談してからの方がベターになります。行政書士さんの中には借地権の問題について無料の相談を行ってくれている人もいますので、そのような方にとりあえず相談をしてみて、借地権についての知識を増やすというのも良い対処方法のといえます。