借地権に関するトラブル

借地権に関するトラブルは意外と多いものです。借地権の売買に関してはどんな場合にも地主さんからの許可が必要になります。地主さんからの許可は口頭でOKというのでは実はトラブルが多くなりますので、必ず書面でやり取りを交わしておかなくてはなりません。書面での交換もトラブルを回避するためには、法律の専門家に相談してみてもいいでしょう。

借地権の中にあるアパートなどのリフォームについては、地主さんときちんと相談をしてからことをすすまないとトラブルに発展してしまうことが多くなります。口でリフォームの内容を説明したとしても、地主さんがイメージするものとは異なるかもしれませんので、具体的なリフォーム内容を地主さんに伝えておくことが必要です。また、正当なリフォームであるにも関わらず、大家さんから承認が得られないような場合には、裁判所に申し立てをすることも可能です。裁判所から承認されれば、必要な手数料を地主さんに支払えば、アパートなどのリフォームを行うことが可能になります。

借地権に関して地主さんとのやり取りは法律に沿って行うことが必要ですが、合法的であるからと言ってなんでもが許されるわけではありません。モラルとマナーも同時に円滑な作業には必要になります。

借地権の売買の注意

借地権の売買をする際には実績のある不動産屋に依頼をするのが良い方法になります。実際に、借地権の売買の件数がそれほど多くないので、実績のある不動産屋さんに業務をいたするのがお勧めになります。また、不動産屋さんへの依頼をするまえに不動産の値段の鑑定を行う際には信頼のおける鑑定士に依頼をするのが良いといえます。鑑定士からの情報をもとに、不動産屋と交渉を行えば、不動産屋さんのビジネスが良心的かどうかを知ることが可能になります。

頼りになりそうな不動産屋さんが見つかったら、今度は借地権を売る相手を探していきます。一般的には双方の利益につながりますので、地主に売るのが良いやり方です。しかしながら、地主と直接取引してしまうと、うまく行けばいいのですが、トラブルが起きてしまう可能性も0ではないので、不動産屋さんに仲介をしてもらうことがお勧めです。また、地主以外の方に借地権を売るような場合であっても、地主の方の承諾が必要になってきます。地主の承諾なしに手続きをしてしまうことは違法行為になります。

更には、地主さんに承諾をしてもらうために、承諾料を払うことも必要になります。更には、借地権の移管に関しても地主さんに手数料を払うことが必要になります。また、借地権を手放すことなくその土地に当たらにアパートなどを建築するような場合も地主さんにそれ相応の手数料を払わなくてはなりません。

借地権の相続

借地権を親から相続するという場合があります。このような場合にはどのように借地権を処理するのがいいのでしょうか?一般的には5つの方法が用いられます。借地権の継続(引き続き住居として住む)、底地の買い取りをするという方法があります。借地権を地主に売却する、借地権の買い取り業者に売却する、といった方法もあります。また、借地権のある場所にアパートなどを作り賃貸経営を行う、という方法もあります。

実際にどの方法をとるのが自分にとって一番メリットがあるのか素人ではなかなか難しいものです。特に借地権についての権限が複数の人にまたがっているような場合には、トラブルに巻き込まれないようにすることも賢い対処方法になってきます。借地権のことで人間同士がいがみ合うのは決していいことではありません。

素人判断で借地権の処理を行ってしまうと、大きな損失を招いてしまうことも多くなります。絶対素人判断をせずに、借地権の専門家である不動産屋さんや行政書士などにその対応を相談してからの方がベターになります。行政書士さんの中には借地権の問題について無料の相談を行ってくれている人もいますので、そのような方にとりあえず相談をしてみて、借地権についての知識を増やすというのも良い対処方法のといえます。

借地権の評価額とは

借地権の評価額と言われるものは、相続税を算出するためのものであって、実際にその評価額で取引がされるものではありません。また、借地権だけを取引することは非常に少ないものです。なぜならば、底地と切り離してしまうと借地権の価値は大幅に下落してしまうからです。

借地権だけの売買をするときには個人でそれを行う場合とも取引額に大きな差が生まれてしまいます。借地権を売る際に驚くような低価格で手放すようなことも個人のレベルでは起こりえます。借地権の処理を行う場合には、個人で行うことは避けて専門家にその相談をするようにするのは賢いやり方と言えます。

借地権と底地の関係はコーヒーカップのようなものであると考えると分かり易いものです。コーヒーカップはそれ自身で役にはたちますが、カップとしての価値はソーサーが無くては下がってしまいます。それと同じようにどんなに便利で魅力的着地圏であっても、低地なければ、その価値は過少評価されてしまうことになります。例えば、底地と借地権をそれぞれ別に売買した時の取引価格の総額は、まとめて取引した場合の評価額の総額の半分以下となってしまうこともしばしばです。

借地権のみの取引の場合は、必ず底地の所有者の承認が必要になります。更には、手数料を所有者に支払わなくてはなりません。借地権の取引相場は非常に流動的な部分が多いので、どのように対処すればいいのかについて困ったら、不動産屋さんなどに相談してみるといいでしょう。